占いでポジティブ思考へ!
本物の占いをみつけよう!
~大人女子のお悩みはここで解決~
占い

占い師に寿命について聞くのはタブー?それはなぜなの?


生命には、必ず寿命というものがあります。
あなたは、自分の寿命を知りたいですか?命の終わりが近づいているとわかったら、時間を有効活用できそうな気もしますが、もうすぐ死ぬとういことを告げられてしまうのって怖いですよね…?

あるいは、大事な人の寿命がもうすぐ尽きてしまいそうだ…ということが気になり始めたら、残された年月を教えて欲しいと思うでしょうか?

知りたいと思う人も、知りたくないと思う人もいることでしょうが、知りたいと思った時には、よく当たる占い師に尋ねてみたくなるかもしれませんね。

ところが、一般的に、占い師に「寿命」について鑑定を依頼するのは、タブーであるとされています。
占い館の注意書のところにも、「寿命に関することは鑑定できません」とわざわざ記している人が多いんですよね。

こちらでは、その理由などについて、具体的に解説をしていきます。

寿命を尋ねるのがタブーである理由 その1


占いの本質は、相談者を幸せな気持ちにさせ、明るい未来へ導いてあげる、ということです。

寿命を教えるということが、必ず素晴らしい未来につながるという保証があればいいですが、どちらかというと、「寿命を知る」という行為は、ネガティブな結果につながりやすいです。

たとえば、「あなたは来年死ぬことになるでしょう」なんて言われたら、本来はもっと長生きができるはずなのに、余計な暗示を掛けられてしまい、実際に思い込みから気を病み、身体を病み、命を落としてしまうかもしれません。

相談者本人の場合でなく、相談者にとって大事な人、あるいは憎くてたまらない人の場合も然り…。
占う対象が誰であるにせよ、寿命を明らかにするという行為が、なんとなく良い結果を招きそうもない、ということは人間として直感的にもしっくりくることでしょう。

寿命を尋ねるのがタブーである理由 その2


占い師は、当たり、ハズレ、がハッキリとわかってしまうような占いに関して、抵抗を覚えます。

良い未来を導くためには「こういった努力をするといいですよ」とか「こういったところへ出掛けていくといいですよ」ということに関しては、それが当たっているか、ハズレているか、明確には判断しづらいところがありますよね。

何しろ、それを実行した人生と、実行しなかった人生、両方を比べることは不可能なので、後でどうとでも、辻褄の合うような解釈を当てはめることができるわけです。

しかし、寿命のこととなると、たとえば、3年で亡くなるといっておいて、3年以内に亡くならなかったら、占いがハズレたということがハッキリしてしまうわけです。
これは、占い師にとってデメリットでしかありません。

世の中には知らない方がいいこともある


それでもどうしても、自分の…あるいは、誰かの寿命を知りたい!と思う人もいるかもしれませんが…。

世の中に、知っておいた方がいいことと、知らない方がいいこと、2つがあるとしたら、人の寿命というものは、明らかに「知らない方がいいこと」にカテゴライズされる類のものでしょう。

人間の精神は、寿命というものをブラックボックス化しているからこそ、ちょうどバランスが取れるようにできているのです。
平均寿命は大体、80歳前後となっていますが、120歳くらいまで生きる人もいる、という事実があるため、皆最後まで希望を捨てずに寿命を全うすることができるわけです。

これが、80歳になったら必ず命が終わる…というように決まり切ってしまっていたら、人類はその恐怖に打ち勝てないことでしょう。
つまり、寿命を知るというのは、人間にとって、かなり「禁断」に近い行為なのです。

寿命のことは天の神様に任せよう


無理に寿命のことを知ろうとしたり、そのことで占い師にプレッシャーを掛けてしまっても、良い結果はもたらされないでしょう。

寿命のことは、天が決めることであり、どうなろうと、全て神様を信じてお任せしよう!と思った瞬間、気持ちはスッと楽になり、ありのままの自分らしさを取り戻すことができるでしょう。

ABOUT ME
十田 ニコ
十田 ニコ
京都のタロット占い師。元ゲームクリエイター。趣味は作詞・作曲をすること&妄想小説を書くこと。シャム風の猫を飼っている。温泉とお笑いが大好き。
電話占いにご興味のある方は・・・
世の中には素人に毛の生えた程度の低レベルの占い師がたくさんいますが、極わずかに本当に凄い能力をもった占い師が存在します。 口コミ記事に誘導されて、外れを引いてしまった経験はございませんか? 以下のサイトは、複数の電話占いサイトから人気占い師をピックアップし、実際に鑑定を受けて全員に同じ相談をして、その内容を公開しています。 人気の占い師たちがどんな占いをするのか、ご自身で見比べてみましょう。 そして、サイトの評価は気にしないで、自分が良いと感じた占い師に相談してみてください。