占いでポジティブ思考へ!
本物の占いをみつけよう!
~大人女子のお悩みはここで解決~
お手軽風水

「彼との縁を結びたい」とき、眠る前の瞑想が効果絶大だった!

気になる男性がいるけれど、告白する勇気がなかなかでない。
そんなとき心によぎるのは「彼との縁結びができるといいな~」という、ささやかな願いなのではないでしょうか。
付き合っていない人はもちろん、付き合っている彼との縁をさらに強くしたい!という方におすすめの、瞑想方法をご紹介していきましょう。
きっと、その効果に驚くときがやってきますよ。

あなたと彼の縁を結びつけるのは、ピンクのエネルギー

縁を結びたい相手というと、いろいろなパターンが想像できるでしょう。
過去に付き合っていたカレとのヨリを戻したい、復縁したいというパターン。
そして、告白する勇気はないけれど、とても好きな男性との縁を結びたいというパターンや、すでに付き合っているけれど、さらなる関係性へと弾みをつけたい!というパターンなどです。
すべての縁を結びたいときに、まず言えることは、眠るまえの時間を有効活用するということです。
そのときに使う色は「ピンク」であるということも、とても大切なポイントです。
相手に対して好意的な感情を持っている場合には、ピンクが大活躍をしてくれるからです。

縁結びをする方法、それはピンクのエネルギーを使った瞑想です

瞑想というと、目をつむって座禅を組み、もの静かに「無」になる・・・というのを想像するかもしれませんね。
しかし、今回、縁結びの瞑想としてご紹介するのは、イメージ力がものをいいます。
強く強く想像をすることがベースになっているので、無になられては困ります。笑

ではここで瞑想の仕方をご紹介しましょう。

■縁結び瞑想の手順

入浴を済ませ、歯を磨いて後は眠るだけ…という状態のときに、ベッドに横になりながら行います。

①ベッドに横になったら、まず縁を結びたい人をイメージします。
その人と楽しく会話をしている想像をし、その人に対してあなたからピンクのエネルギーがまっすぐ伸びていることをイメージします。
エネルギーのイメージが難しい場合には、ピンク色の帯があなたから彼へ伸びているのをイメージしましょう。

②そのピンクのエネルギーを、あなたから彼へ数本伸ばしましょう。

③ふたりがピンクのエネルギーでつながっているイメージをしばらく続けます。
そしてあなたと彼が楽しく会話をしたり、一緒にお茶を飲んでいるイメージなどをしましょう。

④イメージをしたことによって、心がわくわくするのを体感しましょう。
ただイメージするだけではなく、イメージしたことで心が喜ぶ状態を作り出します。
心がそれを疑似体験することによって、具現化しやすくなります。

⑤心が満足したら、瞑想を終了しましょう。
瞑想が終了したらそのまま眠ってしまって構いませんし、引き続き何度も瞑想を続けても、毎日続けても大丈夫です。縁結び瞑想に回数などの制限はありません。

■気をつけること

ヨリを戻す場合の縁結び瞑想ですが、まちがっても過去の嫌な体験をフラッシュバックさせないようにしましょう。
そのときのあなたの感情が、瞑想のなかで彼に伝わってしまいます。
つまり、彼もその感情を味わうことになり、ヨリを戻すとは逆の方向にいってしまいます。
くれぐれも自分の感情には気をつけつつ、ピンク色のエネルギーに幸せで楽しい感情を乗せることに意識を向けましょう。

瞑想は自由なオーダーができる

眠りにつく前の人間は、肉体だけではなく心や魂もゆるみだします
柔軟な状態のときに行う瞑想は、願望達成の協力な助っ人になるだけではなく、お金のかからない手軽な縁結び方法といえます。
もしあなたが今、縁を結びたい相手がいるのであれば、今夜からさっそくはじめてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
オハナ
オハナ
心理カウンセラーの資格を持っている霊気ティーチャー。直感とオラクルカードをデッキに使用したリーディングで、人間関係や恋愛カウンセリングを口コミで行う。ときおり遠隔で透視が「はからずとも」できてしまう食いしん坊なアラフィフ。
恋愛についてお悩みがある人は
ヒゲ酒場編集長
ヒゲ酒場編集長
占い師って、恋愛アドバイザーとして非常に優秀なんだよ。もちろん、きちんとした倫理観があるっていうのは大前提になるけどね。
emirin
emirin
確かに、もし相手のことを把握できる優秀な占い師がいたら対策をたてるのは容易ですね。
ヒゲ酒場編集長
ヒゲ酒場編集長
その通り。そして電話占いの場合、家族や友達に話せない内容の相談が多いから、場数を踏んでいる占い師は、どんな相談にも的確なアドバイスができるんだよ。
emirin
emirin
なるほど。恋愛相談はもちろんですが、特に複雑な恋愛については電話占い師を頼ってみるのが良いかもしれませんね。