占いでポジティブ思考へ!
本物の占いをみつけよう!
~大人女子のお悩みはここで解決~
オトナの恋愛

旦那の浮気を許すことで最高の人生が送れるようになる理由とは?


現役占い師🍀十田ニコです。

アナタは「サレ妻」という言葉をご存知でしょうか?これは、不倫や浮気を、夫に「サレ」てしまった妻のことを指します。逆に、不倫をシタ側のことについては、「シタ夫」「シタ妻」などと呼ぶようです。

「サレ妻」というと、一般的には、気の毒だとか、可哀想だとか、被害者のように見られてしまうでしょうし、本人もそんな自分に対して、惨めだとか、哀れだとか、ネガティブなイメージを抱くことでしょう。

しかし、本当にそうでしょうか?「サレ妻」という称号は、楽園へ行くための素敵な片道切符かもしれませんよ!?

こちらでは、アナタがもし「サレ妻」になってしまったとしても、旦那の浮気や不倫を許すことで、最高の人生が送れるようになるということについて、考察を述べていきたいと思います。

旦那の浮気には「悲しみ」よりも「怒り」を感じる?

旦那に浮気をされて抱く感情は、深い「悲しみ」でしょうか?それとも、燃えるような「怒り」でしょうか?

もし、旦那のことを本気で愛していて、絶対に自分のことは裏切らないだろう、と信じていたというのなら、「悲しみ」を抱くことについては充分理解できますし、とても「気の毒」だと誰もが思うことでしょう。

しかし、多くの女性は旦那が浮気したことに対して、「悲しみ」よりも先に「怒り」を覚えるのではないでしょうか?具体的にどのような怒りかというと、「私だけを愛してくれていると思っていたのに…」ではなく「私が毎日こんなに大変な思いをしているのに、自分ばっかりいい思いしやがって…!」という感情ではないでしょうか?

旦那と男女の関係がとっくに終わっているのなら…

もし、旦那との間で「男女関係」が完全に終わっているのだとしたら、浮気をされることで感じる感情は、ただただ「怒り」でしかないだろうと思います。だとしたら、この感情は抱えているだけムダなので、すぐに捨て去りましょう。そして、「ヤッター!これで自分も浮気できる!」と、免罪符を手に入れた喜びを密かに噛みしめればいいのです。

もちろん、旦那の浮気は、本来許されるべきことではないですし、さらに言うと、仕返しに妻が浮気をするということも、法律的には認められていません。

そういうことではなく、「サレ妻」となってしまった自分が、別の素敵な男性と浮気や不倫をする際には「罪悪感を抱かなくていい」ということこそが「最高のギフト」だと思えばいいのです。

不倫をしている男女が、最も苦しいと感じるのは、「夫や妻のことを裏切っている」という罪悪感だったりします。ところが、「サレ妻」には、そんな罪悪感はありません。お互い様なのですから、当たり前です。

罪悪感のない、楽園のような浮気や不倫に身を投じることができる上、世間からは可哀想な「サレ妻」…と、同情票までもらえるのですから、これはまさにパラダイスと言えるでしょう。いつだって、世の中で勝ち組になれる人は逆境をポジティブに捉える力のある人なんです。

制度に翻弄されずに笑顔でいられる生き方を目指そう

「サレ妻」になってしまったことで、地獄のような悲しみや苦しみを抱え、嫉妬や怒りの炎で燃え狂っている…という人がもしいたら、是非、この記事に目を通してもらいたいと思います。そして、内容を頭に入れることによって、人生が明るくなったと感じてもらえたら幸いです。

大事なのは、真剣に義理を通すことよりも、常に笑顔でいることであり、自分が笑顔になることで、周囲の人も笑顔にしていくということです。それが良い人生の本質です。

男女の恋愛は、脳科学的には3年で限界を迎えると言われていますから、法律や制度に翻弄されずに、自分自身に対してストレスのない、自分なりの生き方を模索していきましょう!

ABOUT ME
十田 ニコ
十田 ニコ
京都のタロット占い師。元ゲームクリエイター。趣味は作詞・作曲をすること&妄想小説を書くこと。シャム風の猫を飼っている。温泉とお笑いが大好き。
恋愛についてお悩みがある人は
ヒゲ酒場編集長
ヒゲ酒場編集長
占い師って、恋愛アドバイザーとして非常に優秀なんだよ。もちろん、きちんとした倫理観があるっていうのは大前提になるけどね。
emirin
emirin
確かに、もし相手のことを把握できる優秀な占い師がいたら対策をたてるのは容易ですね。
ヒゲ酒場編集長
ヒゲ酒場編集長
その通り。そして電話占いの場合、家族や友達に話せない内容の相談が多いから、場数を踏んでいる占い師は、どんな相談にも的確なアドバイスができるんだよ。
emirin
emirin
なるほど。恋愛相談はもちろんですが、特に複雑な恋愛については電話占い師を頼ってみるのが良いかもしれませんね。