占いでポジティブ思考へ!
本物の占いをみつけよう!
~大人女子のお悩みはここで解決~
オトナの恋愛

いつまでも浮気相手なのはイヤ! 浮気相手から本命になるための方法を伝授!

現役占い師🍀十田ニコです。

この記事を読んでいるということは、あなたは今、大好きな彼に片思い中ですね?
しかも、その彼には、本命の彼女がいるか、もしくは奥さんがいる、という状態にあるのではないでしょうか?

だからこそ、「浮気」「本気」に変えたいと願っているわけで、そのためにどうすればいいのかを知りたい、ということなのでしょう。

そんな方の切ない思いが、少しでも豊かに実っていくように、こちらでは、「浮気」を「本気」に変えていくためのポイントについて、まとめてお伝えをしていくことにします。

いつか、大好きな彼と明るい家庭を築くことができたり、ずっと寄り添うように一緒にいられるようになる結末を、イメージしながら、最後まで読んでいってください。

1 相手の幸せを本気で願う


「浮気」が「浮気」のままで終わってしまう傾向にある女性には、必ずある共通点があります。
それは、「彼から愛情が与えられていない」と思い込んでしまう、ということ。
本命になりづらい女性は、思考回路が非常にネガティブに構築されており、すぐに「私は彼から愛されていない」と、本気で落ち込んでしまうのです。

「愛されていない」という考えがベースにあると、彼からのメールやLINEの返信がちょっと遅いだけで、一喜一憂し、ひどい時にはストレスで暴発して、相手に当たり散らしてしまう、なんてことも起こってきます。

こういったことが何度か続くと、相手は疲れ切ってしまいます。いつでもすぐに返信をしなければいけない、という呪縛やプレッシャーに耐えることができなくなり、別れを決意してしまうわけです。

こういった事態を招かないために必要な考え方は、「相手の幸せを本気で願う」ということであり「常に相手の身の上を心配する」ということです。

メールが届かない時に「ちょっとくらい返信する時間、あるはずなのに!どうしてそんなことすらやってくれないの!?」と思っているようでは、本命の彼女になることはできません。そうではなく、しばらく返信がない=「疲れているのかな?」「忙しいのかな?」「だったら次のデートで癒やしてあげよう」という発想をナチュラルに抱ける人こそが、彼にとって「本気」で好きな女性になっていけるのです。

2 常に美しくあろうとする


優しい性格の彼が相手だと、「そのままでも充分可愛いよ」とか「ありのままが好きだよ」ということを口にしてくれるはずです。しかし、これは、半分本当のようで、半分はウソであるということを、肝に銘じてください。

男性は、女性の外見について本当の理想を口にすることは、なかなかできません。そんな男性は、デリカシーがないですし、女性からすると失礼だからなんですよね。

彼の言葉は、真に受けるのではなく、「優しさ」として、受け取りましょう。そして、常に美しくあろうとする努力を怠ってはいけません。

自分を磨く努力をすると、その人の肉体からオーラのようなものが発せられるようになります。このオーラこそが大事なので、彼がどんな見た目の女性を好きであろうと、女性は常に「自分がベストだ」と思える状態でいるべきなのです。

3 笑顔を見せることを意識する

男性は、女性の笑顔を見ることが、何よりも大好きです。ごく当たり前のことですが、このことを意識から外してしまっている女性は多く、彼についつい仏頂面で文句を言ってしまったりしていませんか?

仏頂面で文句を言ったところで、彼があなたをますます好きになってくれることはありません。どんな時も、笑顔でいてくれる明るい女性のところへ、男性はシンプルに「帰りたい」と思うものです。

「浮気」を「本気」に変えることは可能!

以上、あなたの大好きな彼が、本気であなたに夢中になってくれるためのポイントについて、お伝えさせてもらいました。
「浮気」を「本気」に変えることは可能です!

ABOUT ME
十田 ニコ
十田 ニコ
京都のタロット占い師。元ゲームクリエイター。趣味は作詞・作曲をすること&妄想小説を書くこと。シャム風の猫を飼っている。温泉とお笑いが大好き。
電話占いにご興味のある方は・・・
世の中には素人に毛の生えた程度の低レベルの占い師がたくさんいますが、極わずかに本当に凄い能力をもった占い師が存在します。 口コミ記事に誘導されて、外れを引いてしまった経験はございませんか? 以下のサイトは、複数の電話占いサイトから人気占い師をピックアップし、実際に鑑定を受けて全員に同じ相談をして、その内容を公開しています。 人気の占い師たちがどんな占いをするのか、ご自身で見比べてみましょう。 そして、サイトの評価は気にしないで、自分が良いと感じた占い師に相談してみてください。