オトナ女子 × (占い+美容+恋愛) = femmes(ファム)

占術 占い

タロットより魅力的!?「ルノルマン占い」の由来とその占い方

投稿日:2019年1月20日 更新日:

こんにちは、ホステス占い師の柊里(しゅり)と申します。

「ルノルマン占い」はルノルマンというカードを用いて行う占いで、占う内容を決めたら占者はカードに質問するようにカードを引き、出たカードやその配置、組み合わせなどをもとに結果を読み解いていきます。

「ルノルマン」という名前は、18世紀後半~19世紀前半にフランスで活躍した「アン=マリー・デレイド・ルノルマン夫人の名にちなんでつけられています。しかし、実際にカードを考案したのは彼女本人ではありません。幼い頃から不思議な力をもつ彼女でしたが、生活があまり裕福ではなくタロットカードなどを買うことができませんでした。そのため、彼女は安価なトランプをツールとして代用することで占い始めたと言われています。

歴史のお話は長くなりすぎ、諸説あるため割愛させて頂きますが、占いの実力がどんどん評価されて、歴史上の著名な人物とも関わりの深かったマドモアゼル・ルノルマン。著名人の未来や死までを言い当てては、度々逮捕されるほどだったそうです。時代が時代なら、確実に魔女といわれていた事でしょう。ルノルマンカードはそんな彼女の死後、彼女の占いの能力にあやかろうと発売されたカードの1つなのです。

タロット占いとは違った魅力を持つ「ルノルマン占い」

「ルノルマン占い」の魅力は、カードに描かれている象徴からイメージが掴みやすく、初心者もとっつきやすいところ。そして、カードがタロットよりも具体的で、人間と話しているかのような回答をしてくるところです。最近では、タロット占いやルーン占いに「ルノルマン占い」を組み合わせる方も増えてきています。すでにタロットなどの他の占いを習得している方も、より正確に占いたい場合は是非ルノルマンを取り入れてみてください。きっと、違う魅力にすぐ気付くはずです。

カードの内訳は36枚。タロットのように正位置・逆位置はないとされています。ルノルマンカード自体が日本ではようやく知名度が上がってきたもの。まだまだ、その占法は確立されていません。カード自体が沢山の人の手で作られてきたように、ルノルマンでの占法もまた、まだ作られている最中ともいえるでしょう。もちろん最低限のルールやセオリーはありますが、それもどれを選ぶかは人によって違うように、カードの読み方も占者によって多少の違いがあります
強いていうならば、「ルノルマン占い」は個々が流派なのです。ルノルマンと向き合い、何度も関わるうちに自分にとっての正解、占法を見つける…そんなイメージです。この現状について書いてくれている著書は少ないので、勉強の為に沢山の本を読めば読むほど混乱する場合があるのです。
ですので、この人と決めた方の著書を自分のやり方として定めても良いですし、いろいろな方の占い方を見ながら自分がよいと思うものを取り入れ、自分に合ったやり方を見つけていくことも、どちらでも間違いではありませんよ、ということです。

-得意分野-
・具体的な質問
・相手の気持ち・本人やそれを取り巻く周りの状況
・近い過去・現在・未来の流れ

-不得意分野-
・抽象的な質問
・宿命など、普遍的なもの
・長期的な質問

「ルノルマン占い」の占い方―カードを繋ぎ合わせて運勢を読む

「ルノルマン占い」でも、カードの正位置・逆位置を使う方は稀に居ますし、スプレッドも沢山あり、こちらも人により読み方はさまざまです。
ただ、共通しているのはどの占者も象徴的な1枚1枚のカードを、単体の意味だけではなく「繋ぎ合わせる」というような読み方をします。例えば、指輪【結婚など】のカードと鎌【切り離すなど】のカードで【離婚]とも読めますし、ビジネスにおいてなら、【契約の解消】とも読めるイメージです。つまり、主語と述語のような読み方ともいえますし、足し算のような読み方ともいえますね。
そして、ルノルマンの真髄はグラン・タブローといって、36枚すべてを展開してその人の今の人生全てを大きな一枚の絵にするものになります。ここではその全ては書ききれませんので、今回はおそらく一番メジャーな方法である3枚引きをご紹介します。

ステップ1:占う内容を決める

質問はできるだけ明確なものにすると良いでしょう。大まかな質問には、大まかな答えが返ってきます。また、長期的な質問、時期についての質問も不向きと言えるでしょう。
【悪い例】
「何歳ぐらいで結婚できますか?」

「2年後に独立しようと思うのですがどうですか?」など
【良い例】
「彼と喧嘩してしまいました、彼は今どう思っていますか?」

「友達が落ち込んでいるみたいなのですが、どんな風に接してあげたらいいですか?」

ステップ2:キーカードを決め、カードをシャッフルする

「ルノルマン占い」においては、「キーカード」というものを用いる場合が多いです。「キーカード」とは、例えば彼の気持ちを占うのであれば【28番:紳士】のカード、パーティ(合コン)やサークル、趣味の集まりなどについて占うのであれば【20番:庭園】のカードといったような、占う内容を象徴するカードのこと。
「キーカード」を設定したら、そのカードをあらかじめ取り出しておいて、残りの35枚をシャッフルします。シャッフルの方法については、人によりかなりバラつきがあり、明確な基準というものは存在しません。タロットのようにシャッフルする方もいますし(正位置・逆位置を用いる方は特に)、相手にカードを切ってもらう方もいます。カードを並べる際も、「キーカード」を除く35枚のカードのシャッフルが終わってから、そのまま1番上のカードから開いていく方もいれば、36枚のままシャッフルをして、そこから「キーカード」が出るまで探して、「キーカード」から数えた枚数をとる方もいらっしゃいます。

これだけ人によって占い方に差がありますので、慣れていない方は一番シンプルな方法でいいと考えます。「キーカードを取り出す→35枚をトランプの要領で切る→3つの束に分け、順番を変え重ねる→1番上のカードから開く」が最もシンプルといえるでしょう。要はシャッフルは儀式的なもの、自分が集中するためのルーティーンの1つと捕らえてよいでしょう。

ステップ3:カードを展開し、リーディングする

先ほどシャッフルしたカードを左から順番に、横1列に3枚開きます。稀にカードを右から並べ、右から読む方もいらっしゃいますが、恐らくこれに関しては左からがセオリーといえるでしょう。
そして読み方は、左から【過去・現在・未来】、占う内容によっては【原因・過程・結果】という風に読む場合もあります。

【例】彼と喧嘩してしまったのですが、仲直りできますか?
【28番:紳士】のカードをキーカードにテーブルに置き、残りの35枚をシャッフルして紳士のカードの下に左から順に並べる。
出たカードが左から[36:十字架][12:鳥][24:ハート]とします。
この場合、

【原因:十字架】彼は何かストレスを抱えている、背負っている
【過程:鳥】コミュニケーション、話し合いをすることで
【結果:ハート】仲直りできる、仲良くできる

というようにとれます。

執筆者プロフィール

柊里-shuri-
柊里-shuri-
占いの勉強をしながらホステスとして小さなお店を出す為に奮闘、現在占いは紹介とネット依頼でのみ受けている。
占い師とホステス、両方の立場から人生相談を受け、女性として、1人の人間として相談者の人生を応援。
何事もロジカルに考えるタイプゆえに、理論だけでは証明できない占いの不思議さにハマる。

-占術, 占い

関連記事

昔の友人が出てくる夢(会う、喧嘩するなど5パターン)【夢占い】

ずっと連絡を取っていないような昔の友人が、ひょっこり夢に現れるなんてこともありますよね。 普段思いだ …

「血液型占い」は好きな相手との距離を縮める最高の武器!?

現役占い師🍀十田ニコです。 アナタは、「血液型占い」を信じていますか? A型は几帳面 …

彼からの連絡が減った「彼の気持ち」を知ることよりも大切な事とは?

現役占い師🍀十田ニコです。 片思いや遠距離恋愛、不倫など、世の中には、なかなか報われ …

現役占い師が恋の悩みを解決へと導きます『恋愛処方薬💊』

こちらの『恋愛処方薬』では、占い師の先生方が、これまで恋に悩む女性たちを救ってきた経験を活かして、少 …

【厳選おすすめ占い師】美人占い師、電話占いリノア・神条つむぎ先生の良い or 悪い口コミ一挙公開!

神条つむぎ先生 合わせて読みたい:占い師の十田ニコ先生が厳選!鑑定してもらうなら相談者の気持ちに寄り …