オトナ女子 × (占い+美容+恋愛) = femmes(ファム)

女の処世術 占い

自分からしか人を好きになれない~追いかけられると冷めてしまう人の心理とは~

投稿日:


こんにちは、ホステス占い師🍷柊里(しゅり)です。

自分から好きになった人にしか興味が湧かない。
追いかける恋愛が好き。
追いかけられると引いてしまう。
ひどいときは、好きだと思っていた人がこちらに興味を示して追いかけてきた途端なんだか萎えてしまう。
恋人同士でも「不安な時期」の方が、相手にのめり込んでしまう…。
そんな方、いますよね。

今回は、自分自身がそういうタイプでお悩みの方、好きになった人や恋人がそのタイプで、どうしていいのか分からないという方へ向けて書かせて頂きます。

なぜ追いかけられると冷めてしまうのか


追いかけられると冷めてしまう人というのは、根本的に自己肯定感や自己評価が低い方が多いんですよね。

なので、恋愛初期は手の届かなさそうな相手や、憧れを抱けるような、自分より「上」と無意識に感じる相手に惹かれる傾向にあります。
そして、相手がいざ自分を好きになると「え?この人、自分なんかを好きなの…?無いわー…」と、信じられなくて引いてしまうという悪循環
自分が自分を嫌いだから、自分の好きな人がそんな自分を好きな事を受け止められないんです。

このタイプは、付き合ってからも「本当に、相手は自分なんかを好きなんだろうか?
いや、そんなはずはない。自分なんかが愛されるわけがない…。という独り相撲大会を繰り広げるわけですが、この独り相撲が始まると「突き離し」「試し」「カマかけ」をし始めてしまいます。

「自分の事なんか、好きじゃないんでしょ?」「他にもっといい人いるじゃん」と言ってみたり、「もうダメかもね…」と終わりを匂わせて、引き止めさせようとした…。そして、どこまで許容してもらえるかを試すかの如く、どんどんエスカレートするわがまま…。
これもまた「自信のなさ」から来ます。

何度も何度も、相手を試し続ける事でしか安心できない。いや、試しても結局相手ではなく自分自身の内面的な問題なので、根本的な解決にはならないんですよね。

恋人がそのタイプの人


恋人がそのタイプの場合、付き合うのにはかなり苦労する事になります。

「とにかく、何度でも何度でも相手が納得いくまで、一生突き離しに付き合ってあげる覚悟をもつ」、「相手の自己肯定感を育てる」のいずれかになります。
つまり、理想を言えば、もう一度母親のようにその人を優しく、時に厳しく育てなおし、躾けてあげるしかありません。
その覚悟がなければ、少なくともいきなり対等な関係で付き合う事はできないと思った方が賢明です。

そして、対等な関係に持っていけるように主導するのは、あなたになります。
何せ相手は無意識に自分を「下」に思っていて、そうでないと落ち着かないとまで感じていますから。
褒めて伸ばし、悪いクセが出ているときは叱る…本当に「お母さん」さながらですね。

自分がそのタイプの人


相手から追いかけられると冷めてしまう、突き離しや試し行為をしてしまうあなた。
その行動自体が相手を疲弊させ、悪い方へ導いていることを自覚した方がいいかもしれませんね。

相手はあなたの親ではありません。
その甘え方は、あなたを愛してくれている相手を傷つけ疲れさせる行動です。
せっかく愛してくれているのです。
あなたが信じられないのは相手の気持ちではなく、自分自身。相手に安心感を求める事自体が“不毛”です。

やっぱり人間は「まず自分を愛さないと、人は愛せない」のです。
せっかく相手があなたを愛してくれても、あなたが愛される準備ができていない。
あなたが相手を愛せていない…という事になっているだけの可能性が高いです。

まずは、「自分を見つめなおし、自分のご機嫌は自分でとる」「自分のよい所は自分で見つけて、認める練習をする」そして、自己肯定感を高めていきましょう
きっと、相手に愛される歓びももっと感じられるようになりますし、自分も相手に対して崇拝や依存ではなく、「愛情」を持てるようになりますよ。

ちなみに‥自己肯定感、自己否定にも種類?


正しい自己肯定感を持てていないといいますか、自分を上手に愛せていないタイプには、単純に自分が好きじゃないというタイプもいますが、他にもいろいろなタイプがいます。

そのタイプのひとつで、とくに気づきにくいのは「自分の思っている(理想の)自分と、現実とのギャップで苦しんでいる」というパターン。
本当の意味で、自分は大した人間じゃないという自覚がない。意外とナルシストということもあるんですよね。

人間は、ひとりひとりが素晴らしく、いろいろな個性をもちグラデーションがあります。
得意なことや苦手なことは、それぞれ違っていて当然なのです。
全てにおいて優れた人間なんていうものは存在しませんし、どんなに素晴らしく見える人もどこかで必ず人を傷つけてしまうし、嫌われることも避けられません。
あなたが思う理想の人だって、良い所と悪い所は表裏一体。自分も周りの人も、人間である限り完璧なんてことはありえません
ですので、相手の事も「良い所と悪い所があって当たり前」と受け止め、過剰に期待しないことです。

自分に対してもそうです。
完璧な人間ではない自分をコンプレックスに思うなんて、「神か?神なのか?」と。
ひとりの人間が頑張ったって、たかが知れてます。コンプレックスを「向上心」として発露させるなら素晴らしいことですが、そのために「自己否定」するなんておこがましい考えは捨てちゃいましょう

執筆者プロフィール

柊里-shuri-
柊里-shuri-
占いの勉強をしながらホステスとして小さなお店を出す為に奮闘、現在占いは紹介とネット依頼でのみ受けている。
占い師とホステス、両方の立場から人生相談を受け、女性として、1人の人間として相談者の人生を応援。
何事もロジカルに考えるタイプゆえに、理論だけでは証明できない占いの不思議さにハマる。

-女の処世術, 占い

関連記事

当たると評判の占い師は占いの腕だけじゃない!詐欺師も使うコールドリーディングとは?

よく当たると評判の占い師は、果たして鑑定結果そのものだけで評価されているのでしょうか? 答えは否です …

依存?洗脳?別れる方法は?彼と別れたいのに別れられない理由を教えます

現役占い師の♠kannon♦です。 彼との関係がマンネリ化してきて、お互 …

“複雑な恋愛を霊感で導く”電話占いヴェルニ・蘭晶先生に聞く!【新人占い師インタビュー】

  ファム(femmes)編集部が自信を持っておすすめする優良電話占いサイトでは、 日々、 …

お手本にしたい魅力的な歴史のキラキラ女子

ご機嫌よう!新人占い師アイドル♡瑠咲めい(るさきめい)です♪ 「歴史上の人物」と聞いて、アナタはまず …

【厳選おすすめ占い師】電話占いヴェルニ・来光先生の口コミまるごと大公開!

来光先生   合わせて読みたい:同業の占い師が厳選!鑑定してもらうならこの電話占い師!第二 …