美容・ダイエット

アラフォー女子の本気ダイエット! サプリを使ってスッキリライフを実現する方法とは

投稿日:2019年3月29日 更新日:

アラフォーになると代謝が落ち、いくらダイエットをしても体重が落ちませんよね。運動をしようと思っても、すぐに息が上がってしまいます。代謝も体力も落ちているアラフォー女子がダイエットをするなら、20代のころと同じでは上手くいきません。

アラフォー女子に合った方法で、スッキリキレイになりましょう。体が軽くなると、心も軽くなりますよ。

ちなみに、筆者はサプリを使って20kgも体重を落としています。たいした運動はしていません。病気治療の一環だったのですが、嬉しい誤算です。

食事を減らしたら、実は余計に太る

今までのダイエットは、食事を減らして運動する方法を採ってこられた方が多いのではないでしょうか。この方法、20代なら上手くいっていました。しかし、代謝の落ちたアラフォー女子には危険な方法です。

まず、アラフォー女子は月経により20代女子よりも鉄とタンパク質が足りない状態になっています。ただでさえ足りていない状態なのに、ここで食事制限をしてしまったらダイエットどころの話ではなくなります。今は軽い貧血で済んでいるものが、悪性貧血になりかねません。

悪性貧血にならなくても体内で栄養が足りていない状態が続いていると、体はエネルギーを溜め込もうとし始めます。その結果、体に脂肪がついてしまいます。脂肪は熱を発しないので、冷えの原因にもなります。

こうならないためにも、食事を減らすダイエットは止めたいですね。足りない栄養素をサプリメントで補給しつつ、軽い運動をする。これが、これからのアラフォー女子ダイエットの主流になっていくでしょう。

用意するサプリメントの一例

代謝を上げるためには特定の栄養素を摂取する必要があります。一例として筆者が飲んでいるサプリメントを紹介します。特別なダイエットサプリではなく、普通の栄養素です。

ビタミンB群:Source Naturals ビタミンB50コンプレックス(毎食後)
ビタミンC:Now Foods C-500 ローズヒップ配合(2時間ごと)
ビタミンE:Now Foods ナチュラルE-400(朝晩食後)
マグネシウム:Doctor’s Best 高吸収マグネシウム(食間)
亜鉛:Country Life キレート亜鉛(食間)
:Now Foods 鉄 ダブル・ストレングス(毎食後)
オメガ3:Now Foods オメガ3(毎食後)
コエンザイムQ10:Now Foods ユビキノールCoQH-CF(朝食後)

筆者は病気治療のために、ほかにも飲んでいますが、ダイエットと美容に嬉しいサプリメントは以上の8つですね。代謝に関係する栄養素抗酸化作用のあるものです。

すべてアメリカ産なのは、国産のサプリメントは含有量が少ないからです。現状維持でなく変化を求めたいので、どうしても含有量の多いアメリカ産に行き着いてしまいます。特に、ミネラル系の高吸収加工は日本で認可されていない製法。ですから、アメリカ産に頼らざるを得ません。

飲む上での注意点は、亜鉛とほかのサプリメントと一緒に摂らないこと。亜鉛は鉄やマグネシウムの吸収を阻害するため、一緒に飲むと摂取する意味がなくなるのです。

ほかの注意点は、鉄を飲むと便が黒くことでしょうか。最初はビックリしますが、慣れればたいした問題ではありません。

糖質制限も併せて行う

サプリメントを使ってダイエットをするなら、併せて糖質制限も行います。タンパク質と脂質の比重を増やし、糖質の摂取を減らす。最初はつらいですが、慣れれば日常になりますよ。

ここでの注意点は、一気に糖質をゼロにしないこと。一気に糖質をゼロにしてしまうと、低血糖を起こしたり、ひどい便秘になったりといいコトはありません。最初はご飯の量を減らして、代わりにゆで卵を追加するなどの工夫をしてみてください。

よく忘れられるのは、脂質の存在です。脂質も体を作るのに必要な栄養素です。血液筋肉ホルモンの材料になります。自分の体の一部になるのですから、なるべくピュアでよい脂質を摂りたいものです。バターココナッツオイルエキストラバージンオリーブオイルアマニ油など、積極的に口にしたいものです。

飲む量は個人によって違うことをお忘れなく

筆者は病気治療のためにサプリメントを飲んでいます。ですから、同じ量を飲むと健康な人には多くなりがちです。また、体格差がありますので、健康な人ならコレ! という量もありません。比較的安全なビタミンCも、人によっては下痢を引き起こします。

ですから、自身で調べて試して、適量を見極めていくしかありません。各栄養素の詳しい作用も国家資格を持った人が監修した本や記事で確認するほうが、あなたにとってよい結果をもたらします。検索キーワードは、「栄養療法」「メガビタミン」「オーソモレキュラー」が最初はいいでしょう。

情報を自分で取りにいくのは面倒くさいものです。ですが、自分の体を他人任せにしておけないじゃないですか。自分のために科学的に裏付けされた資料を読み、実行していく。これほど面白いものはありません。

キレイと健康のためにも日々勉強を続けたいですね。頑張りましょうね!

執筆者プロフィール

ふじかわ陽子
ふじかわ陽子コラムニスト・コンテンツライター
広島県海田町出身。恋愛記事からビジネス文書まで幅広く手掛けるライター。古典芸能に携わっていたことから、日本文化について少し詳しい。
femmesを気に入り飛び込み応募。採用されて毎日ウキウキで過ごしている。

-美容・ダイエット
-, , , ,

関連記事

大人女子の悩みを解消!エプソムソルトを使った入浴で不調知らずに

欧米でよく使われているバスソルトの「エプソムソルト」をご存じでしょうか。ソルトと言っても、塩ではあり …

大豆はアラフォーの味方じゃないの!?ソイフリーからみる美容の注意点

アラフォーくらいになると女性ホルモンの減少が気になる人もいるようですが、最近、そんな不安を打ち消して …

夏のボーナスで買いたい! アラサー女子におすすめの美顔器とは?

みなさん! 夏のボーナスまでもう少しですね!! 欲しかったバッグを買ったり、とりあえず貯金をしたりす …

えっ? アレがダイエットサプリに?! ドラッグストアにある意外なモノとは

巷には「ダイエットサプリ」と呼ばれるもので溢れています。脂肪を燃焼させるものもあれば、小腹を満たすも …

【新常識】ダイエットなら豆乳より「みそ汁!」ミネラルとタンパク質でキレイになれるってホント?

豆乳はダイエット効果があると、一時期ブームになったことは記憶に古くありません。しかし、豆乳ダイエット …