ライフスタイル

心の病になる前にストレスを自覚しよう!!!

投稿日:

ストレスを過度にためない、また、適度なストレスとうまくつきあっていくためのコツのひとつは、「自分のストレスに気づく」ことです。
ストレスによって、自律神経系やアドレナリンなどのホルモンが分泌され、心拍数や血圧が上昇したり発汗量が増加したり筋肉の緊張を引き起こします。
これが、継続的、慢性的になると身体に変調をきたすようになるのです。

『ストレスのサイン』
●激しい偏頭痛
●食道痙攣
●胃酸逆流
●抜け毛
●吐き気
●腰と首の痛み
●頻尿
●疲れやすい
●性欲減退
●月経不調
●過呼吸
●不眠症
●骨粗鬆症
●炎症性関節炎
●便秘や下痢
●肌トラブル

『ストレスの解消方法』
1.体を動かす
有酸素運動をしてみましょう。
ランニング、筋トレ、水泳、ウォーキング、ダンス、サッカー、テニス、バレーボールなどをすることで、脳が刺激され、ストレスを和らげてくれます。

2.泣く
泣ける映画や本を鑑賞したり、悲しかった出来事を思い出して思い切り泣いてみましょう。
涙を流すと、副交感神経が優位になりリラックスすることができます。

3.ストレスの原因を紐解いてみる
何がストレスの原因だったのかを紙に書いてみましょう。
ストレスに感じたことを紙に書くことは、ストレスを自分の外に吐き出す行為。言わば愚痴を誰かに聞いてもらってることと同じなので、これだけでも結構スッキリします。

4.カラオケで大声を出す
カラオケに行って、好きな歌を大声で歌ったり、単純に大声を出して騒いでみましょう。
大声を出すことは脳を刺激し、心と体をリフレッシュしてくれます。

5.誰かに話を聞いてもらう
大好きな恋人や、気の置けない友人、家族などに話を聞いてもらいましょう。
話を聞いてもらうだけでも心が軽くなり、あなたの気持ちを晴れやかにするアドバイスをくれることもあるかもしれません。
周りに相談相手がいなければ、カウンセラーや精神科医に相談してみましょう。もっと気軽に相談したいという方は、多くのオトナ女子がハマっている電話占いの鑑定士に相談してみるというのも一つの手段です。

-ライフスタイル
-, ,

関連記事

大切な人との記念日にはTABLE9TOKYOがおススメ!

ちょっと敷居が高いホテルディナー。 でも、大切なパートナーとの特別な記念日には、ちょっと奮発して感謝 …

厳選3か所! クルマで行くクリスマス・イルミネーション in 大阪・京都・神戸は?

イルミネーションはお好きですか? 夜の中で咲く光の花といった感じで、とてもロマンチックで素敵ですよね …

アミノ酸たっぷり! 利き酒師が推薦、いま飲んでおきたい日本酒4選!

日本酒と聞いて、どういうイメージを抱きますか? オジサン臭い? それとも、とっつきにくい? そうやっ …

【プロが解説】実は簡単! サイフォンでワンランク上のコーヒーライフを楽しむコツとは

コーヒーを家庭で淹れる際、どうやって淹れていますか? いろいろな方法がありますよね。大まかには、5つ …