オトナ女子 × (占い+美容+恋愛) = femmes(ファム)

美容・ダイエット

ナチュラルな人ほど輝く! アラフォー女子が卒業できる美容法とは

投稿日:2018年11月27日 更新日:

アラフォー女子はお肌の曲がり角をすぎて、年齢による肌の悩みも増えるころ。見られたくないものを隠すようなメイクをすることも出てきますよね。

最近、お肌が元気ないな」と感じたら、肌も休息時間を求めているのかもしれません。今の美容方法の中から不要なお手入れを卒業できれば、もっと自然に肌本来の元気を取り戻すことができます。さっそく、ご紹介していきましょう。

乾燥が加速する! 朝の洗顔は卒業

もう習慣化している人もいるかもしれませんが、実は毎朝の洗顔は肌の乾燥を助長することにもなりかねません。朝は肌の皮脂がすごいよ? という方は、逆に肌の乾燥が原因となっていることが多いです。保湿をしなければならないのに、皮脂を取ってしまえば肌の元気が戻るわけがありません。

気分がスッキリしない、習慣で洗顔しないと気持ち悪いという方は、タオルを絞って目元や口元を優しく拭く程度にしておきましょう。そして即、たっぷりの保湿を心掛けてください。

肌の改善が見られない! 「肌断食」しよう

肌は本来、汗や皮脂が排出されるための場所。何かが入る場所ではありません。スキンケアで使用する化粧水や美容液なども、肌の負担になることだって十分ありえるのです。

オススメなのは週末の肌断食。いつものスキンケアを中断して、お手入れなしで過ごします。乾燥が気になってしまう場合には、ほんの少しだけに抑えてください。予定を入れずに、のんびりインドアで過ごす週末を作ってみて!

軽いメイクで優しい印象になろう

気になる部分はメイクでカバーできる時代です。厚塗りメイクで頑張らなくても、機能的な下地やファンデに変えるだけで素敵なアラフォーメイクができます。厚塗りだと崩れの原因にもなってしまいます。もっとナチュラルに仕上げられるよう、薄づきのものを選んで

アイメイクなら、ハッキリした印象を持たせる黒のライナーを変えるだけで、優しい女性の目元に。会社でも年下の女性たちと張り合ってはダメ。メイクで印象も優しいお姉さんになって接しましょう。眉を細くする時代にいたアラフォーは、ついつい余分な眉毛を抜いてしまいがち。時代に合った印象の顔になるためには、自眉を生かします。眉に近い部分の産毛は、アイブロウで自然にカモフラージュして。アイブロウのカラーやペン先のタイプによっても印象は変わるので、やさしくタッチできるものを選んでみてください。

作り物は卒業! 自分を育てることに目を向けよう

まつエクは世代を超えて女性に愛されるもの。カラコンだってアラフォーでも使用している人は多いです。しかし、あまりにも不自然な表情になってしまうのは避けたいですよね。必要なときにつけまつげ、それ以外はまつげを育てることに力を注ぎましょう

カラコンは印象を大きく変えすぎてしまうため、黒目にかかる部分は極力大きすぎないものを選ぶのがベスト。いったん装着を始めると、外すのが恥ずかしい気持ちになってしまうことも。ムリに飾らず、自然体のままで自分の魅力を内面から磨いていきたいですね。

アラフォーになったら「肩回り首回り」に重点を置いて

年齢とともに落ちてしまう代謝をアップさせるには、身体の冷えは大敵です。しっかり代謝を上げたいなら入浴の時間を見直しましょう。半身浴が人気ですが、上半身の冷えの原因になることもあります。肩や首までしっかり浸かることで顔に流れる血流も増え、肌も元気がでてきます。

また、眠りにつくときにも高すぎる枕であご・首にしわができていませんか? まくらを卒業して、年齢が首にでないようにすることもオススメです。

もっと自分に優しいアラフォーになろう!

年齢を感じることが怖いと感じてしまうのは当然です。隠すのではなく、年齢に適した生活習慣やお手入れ方法を身につけたいもの。若いころから、ずっとお手入れ方法が変わらないという方は、見直しが必要です。

もっと自分の肌をいたわるために、少しずつ引き算の美容を取り入れていきませんか? もっと素敵なアラフォーを目指すために、素の自分を育ててあげたいものですね。


執筆者プロフィール

asaha
asahaライター
農機・農業資材商社で働いてきた自然を愛するライター。各地のウォーキング大会やハイキングに参加したり、カフェ巡りをするのが趣味。穏やか暮らしに憧れて、栃木・那須に移住したアラフォー栄養士・調理師。

-美容・ダイエット
-,

関連記事

ビールでダイエットって本当? ビール酵母ダイエットとは?

ビール酵母とは、おなじみのビールを製造するときに必要な微生物(酵母)です。 麦芽を煮てできる麦汁にビ …

アラフォー女子がダイエットに取り入れるべき「日本文化のライフスタイル」とは?

ダイエットに挑戦するアラフォー女子のみなさん! 日本にも、ダイエットやスタイルアップにもつながる日本 …

ドライアイ、花粉症に眼のエステ「ネトラバスティ」はいかが!?東京でおススメの施術店3選

ネトラバスティを実際に施術してもらいたい!という方のために都内で実績のある3店舗をおススメ順にご紹介 …

メリットだらけ!アラサーに体幹を鍛えるバレエダイエットがおすすめな理由

段々と暖かくなり、薄着する季節になってきましたね! 厚着の時期はごまかせていたものの、夏までにこの体 …

今からでも遅くない! アラサー女子でも脱毛したほうがいい4つの理由とは!

女性のたしなみとして今や当たり前になりつつある全身脱毛。 最近では親が小学生や中学生の娘を脱毛サロン …