オトナ女子 × (占い+美容+恋愛) = femmes(ファム)

美容・ダイエット

アラフォー女子の冷え取りグッズはこれ! 身体の芯までポッカポカになろう!

投稿日:2018年12月23日 更新日:

身体の冷えを解消すると、基礎代謝が上がって太りにくい体質になるといわれています。寒い季節は防寒対策とともに、身体の中から冷えを解消できる方法を取り入れたいものです。

そこで今回は、毎日の生活に温かさをプラスする冷え取りグッズをご紹介します。

常備したいのはウォーマー

身体が冷えるのは、服で覆われていない部分になります。特に「手首」「足首」「」の部分は動脈があり、衣類の隙間から冷たい風が入ってくる場所。ネックウォーマースヌードアームウォーマーレッグウォーマーでしっかり温めます。

身体の末端に近い動脈を温めることで、冷えやすい手足の指なども冷えにくくすることが期待できます。寒くて眠れない日には、ソックスとダブルで使用すると身体が温まって快眠できますよ。

バスソルトで温浴効果を高める

入浴は全身が温まって血流もよくなります。シャワーだけで済ませずに、お湯を張ってつかるようにしましょう。入浴の際におすすめなのがバスソルト。血流を促して冷え性改善が期待できます。浸透圧の作用で発汗作用が促進し、同時に老廃物の排出にもつながるでしょう。

また、古い角質の吸着をするは、お肌をツルツルにしてくれます。毛穴の汚れもキレイになって皮脂分泌がしやすくなると、お肌の保湿効果も期待できそうですね。

熱量の大きい湯たんぽを使う

昭和なイメージが残る湯たんぽも、今はかわいいデザインのものが多く販売されています。大きさもさまざまで、小さいものなら少し大きめのカイロのように使用できますよ。

湯たんぽは身体を温める熱量が大きいので、お腹の上から内臓を温めてくれます。冷えによるお腹の調子の悪さも改善できるかもしれません。睡眠時の足元の冷えにもおすすめですが、低温やけどにならないように厚手のカバーと湯温調整が必要です。

温かさを知ったらやめられない「腹巻」

大人でもかわいい腹巻を見かけるようになりましたね。温かいホットパンツが一体になったタイプも好評のようです。筆者が愛用しているのはイオンで購入したものですが、なんとお腹にはホッカイロを入れることもできます。子どものスポーツ観戦で冬でも外が多い人にはおすすめです。しかも、デザインが豊富で価格も安いし、クオリティも悪くない。主婦にはうれしいアイテムで手放せません。

背中の冷えを守る「あったかベスト」もおすすめ

Screenshot of image.rakuten.co.jp

寒い季節に首の後ろや背中をあたためると、身体全体がポカポカして縮まった背筋も快適です。アラフォー女子が子どものころには“ちゃんちゃんこ”が主流でしたよね。

温かい素材のベストは背中の冷え予防にも最適。肩こりが気になる方もぜひ取り入れてほしいアイテムです。

万能冷え取り「ホッカイロ」も備えておこう

そして備えて欲しいのは「ホッカイロ」などの携帯使い捨てカイロです。張るタイプもとても便利で、場所を選ばずに使用できる魅力があります。

また地震大国・日本では、寒い季節の大地震にも備えが必要です。たっぷり大容量の使い捨てカイロでも、格安で手に入れられます。ふだん使いから非常時まで活躍するのが使い捨てカイロです。ぜひ備えて温かさを確保してくださいね。

なぜ冷えを取らなければならないの?

私たちの身体の機能の多くは、酵素によって動いています。身体が冷えてくると、この酵素の活性が弱まってしまい、冷えによるさまざまな体調不良が現れてくるのです。冬に限らず身体を冷やさないようにすることは、健康の基本中の基本ともいえるわけです。

また、寒い季節に多発するのが脳血管障害や心疾患ともいわれています。アラフォーだからまだ大丈夫といった安易な考えは避け、ふだんから冷えに対する予防を考えておくようにしましょう。

冷えを取って冬の「美活」も万全にしよう!

身体を温めることは、女性の生理痛や腰痛などの改善に役立ちますし、腸活のひとつとしても注目されています。身体を温めるかわいいグッズで癒されながら、万病の元である冷えを対策していきましょう!


執筆者プロフィール

asaha
asahaライター
農機・農業資材商社で働いてきた自然を愛するライター。各地のウォーキング大会やハイキングに参加したり、カフェ巡りをするのが趣味。穏やか暮らしに憧れて、栃木・那須に移住したアラフォー栄養士・調理師。

-美容・ダイエット
-,

関連記事

お疲れアラフォー女子におすすめ! 疲労回復に取り入れる食材7選は?

身体がだるい、重い、モチベーションが上がってこない、PMS(月経前症候群)の症状がひどいなど、アラフ …

アラサー・アラフォー女子には「暗め寒色系」がおすすめ! 悩み解消ヘアカラーの選び方とは?

美容室で髪を染めるとき、髪色はどのように決めていますか? いいと思った画像を持ち込む、いつもと同じ、 …

大豆はアラフォーの味方じゃないの!?ソイフリーからみる美容の注意点

アラフォーくらいになると女性ホルモンの減少が気になる人もいるようですが、最近、そんな不安を打ち消して …

「タトゥーを消したい…」アラフォー女子が悩む若気の至りをキレイに消し去る方法を教えます!

今やファッションのようにタトゥーを入れる時代。アラフォー女子の中にも、若いころに好奇心からタトゥーを …

「腸内フローラ改善」で健康的に痩せよう!

腸内フローラを改善することで、健康的に痩せることができると言われていますが、本当にそうなのか調べてみ …