オトナ女子 × (占い+美容+恋愛) = femmes(ファム)

美容・ダイエット

痩せたいアラフォー女子必見! 重要なことは「暮らし」にヒントがあった!?

投稿日:2019年2月20日 更新日:

こんにちは、asahaです。私たち忙しいアラフォー女子の味方でもある便利グッズは、本当に助かりますよね。時短家電スマホも生活に欠かせません。

でも、先日帰省した際に、美意識の高い母に太ったことを指摘され「便利さがあなたを甘やかしている」と言われてハッ! としたのです。

そこで今回は、便利さの上にあぐらをかいていたアラフォーの私が、母に教えられた『暮らしで痩せるコツ』をお届けしようと思います。

服を選びなさい! 体形は服が作る説

アラフォーになって体形が崩れてくると、どうしてもラフな服装を選びがちですよね。ボディラインを隠す服やウエストゴムが定番になってしまうと、快適すぎて戻れない人もいるでしょう。

母曰く「ナスだってスイカだって型の中で育てば違う形になるのよ」とのこと。要するに服がボディラインを作るということです。

いつもサイズは自分に合ったものを着用して、身体のラインを意識することも大切。特に下着は重要なのだとか。お腹の脂肪は女性ホルモンのエストロゲン低下のサイン。女を意識したファッションも恋も大切なんですって!

ちなみにウエストに紐を巻いて意識すれば、ダイエット効果が期待できるそうですよ。

自分の目で見て買いなさい! 便利すぎて動かない説

「通販もネットショッピングも当たり前の時代に何を言うか」と思ったのですが、確かに便利すぎて家から一歩も出なくても生きていけるご時世。少し考えなければいけないこともありますよね。

まず歩くことも極端に少ないので運動不足になるばかりか、代謝も落ちてしまいます。人の目を意識することもないので服装もゆるいものを選ぶようになり、どんどん太る一方です。

せめて生鮮食品くらいは自分の目で見て買う、選ぶことを楽しむようにしたいものです。ダイエット中だからこそ、口に入るものの栄養は鮮度の見えるものから摂りたいですね。

床そうじは雑巾がけに限る!? ダイエット・腰痛予防説

掃除に関しては洗濯機や食洗機、ロボット掃除機などさまざまなものがあって、ないと本当に不便なものばかり。でも、あえて自分でやるなら床そうじがおすすめです。意外とエネルギー消費につながるし、腰痛予防効果も期待できます。また、股関節を正しい向きにしてくれる効果も期待できるそうです。

毎日でなくても2、3日に1回程度から始めてみると、気分も身体もスッキリしますよ。

冷蔵庫を掃除しなさい! 食生活の見直しができる説

冷蔵庫は女の鑑」とも言われるほど、食生活を担う人の技量が反映される場所。冷蔵庫の掃除をすると、今までの食生活にも変化が現れるのだとか。

忙しすぎて余裕がない人ほど手間を惜しむから、冷蔵庫に詰めたがってしまいます。そのため、いつでも食べ物がある=食べてしまう=太る、という流れに陥りやすいそう。一度、冷蔵庫内をスッキリさせて、詰めすぎない食生活をスタートさせてみましょう。

脳内恋愛を楽しみなさい! 女性ホルモンを安定させる説

40代に入って急激に太ったりする方も多いでしょう。実はそれ、女性ホルモンの減少によるものかもしれません。加齢によって女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、脂肪の代謝に影響するといわれています。

そんなアラフォー女子におすすめなのが脳内恋愛。TVの中の芸能人でもアーティストでもいいですし、かわいい動物などでもOK。とにかく夢中になることでホルモン分泌も促されることがあります。

バーチャルなら既婚者だって恋愛できますから、ドキドキするものを見つけてみましょう。

とにかくチャレンジするアラフォーになろう!

暮らしの中のちょっとした便利さに甘えすぎてしまう人は意外と多いはず。どんなときも自分を律することができれば、ダイエットもじわじわと成果が出てきます。

あなたもぜひ、日常を振り返りながら、今できることを少しずつ取り入れてみてくださいね!


執筆者プロフィール

asaha
asahaライター
農機・農業資材商社で働いてきた自然を愛するライター。各地のウォーキング大会やハイキングに参加したり、カフェ巡りをするのが趣味。穏やか暮らしに憧れて、栃木・那須に移住したアラフォー栄養士・調理師。

-美容・ダイエット
-, , ,

関連記事

「ながらダイエット」ですき間時間にいつでもどこでもゆるく運動!多忙アラサー必見!

ダイエットしなきゃな~と思いつつも、ジムに通うでもなく、食事制限もしたくない…と思っているそこのあな …

アラフォー女子の睡眠不足は危険! 今すぐ見直せる睡眠方法とは

睡眠不足が女性のお肌にダメージを与えることは、多くの方がご存知かもしれません。中でもアラフォー女子の …

アラサー女子は「目元のメイクで差をつけろ!」本当は教えたくないアイメイク術とは?

アラサー女子にとって、お化粧はかなり気になるお悩みごとですよね。 たとえば、ふだんなにげなく行ってい …

アラサーの綺麗の秘密はパックにあり?用途別の朝用、夜用おすすめシートマスク

お肌のスペシャルケア、何かしていますか? リンパマッサージ、エステ、美顔器など、いろいろなケアがあり …

ダイエットに「追い風」! アラフォー女子が見直すべき「3大臓器」の役割とは

身体の機能の中でも、特にアラフォー女子のダイエットに欠かせないのが代謝です。でも「体内の老廃物を出す …