オトナ女子 × (占い+美容+恋愛) = femmes(ファム)

ライフスタイル

ついにJKの実態が明らかに!? イベントで「あんなコト」や「こんなコト」って?

投稿日:2018年11月10日 更新日:

マジ卍!

なにかと流行の最先端なのは、やっぱりJK(女子高生)ですよね。実は、筆者もJKの時代があったんですよ(当たり前)。「チョベリグ・チョベリバ」とか言ってました(笑)。

そんな現役JKたちの実態調査が発表になったんですって!

その気になる中身は……。記事を読んでのお楽しみです。イベントで「あんなコト」や「こんなコト」しちゃうらしいんですよ!

現役JKの約70%が「積極的」 いったい何に?

なんと、現役JKたちの約70%が「積極的」なんだそうです! ビックリですね。

若年層のトレンドやインサイトを分析するマーケティング研究機関のTT(Teens Trend)総研 は、このほど「現役JKのイベント参加」に関する意識・実態調査を行い、その結果を発表したんです。

それによると、9・10月は文化祭シーズンということもあって、InstagramやTwitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)では、文化祭関連の投稿数が急上昇したそうです。

特にInstagramでは、2018年10月24日時点で「#文化祭」のハッシュタグをつけた投稿が累計で796,000件以上。ほかにも「#文化祭準備」(15,400件)、「#文化祭ヘア」(7,080件)といった関連ハッシュタグが数多く並んでいて、高校生たちは文化祭に高い関心を示したというんです。

めっちゃ楽しそうですよね。

そこでTT総研では約300名の現役JKを対象に、文化祭をはじめとする学校行事やイベントに関する意識調査を実施し、合わせてSNSとの関わり方についても分析したということです。

●調査概要
・調査対象:15歳~19歳 女子高校生302名
・調査期間:2018年10月16日(火)
・調査方法:「LINE Research Platform」を活用したスマートフォンリサーチ

これによると現役JKたちに不動の人気イベント「文化祭」は、約66%が「積極的に参加」だったということです。

文化祭の「イマドキ」出し物は「VR」に「インスタ映えスポット」

文化祭に参加する理由としては「学校行事だから」が全体の73%ですが、そのほかでもっとも多かったのは「ほかのクラスと交流できるから」(24%)というもの。続いて「自分の特技がアピールできるから」(9%)、「SNSに投稿したいから」(8%)、「楽しいから」(8%)という理由がほぼ同数で並びました。

TT総研では、現役JKは学校行事だからという義務感だけでなく「自分らしさを、いろんな人にアピールしたい」という願望が潜んでいるのかもしれないと分析しています。

では実際に、どのような文化祭コンテンツに参加したのかを聞いたところ「クラス展示」「部活の発表」という定番のものから「ダンス」や「ライブ」といった有志によるパフォーマンス系のものも多数あがったそうです。

さらに少数ではあるものの「脱出ゲーム」や「PV撮影」「VRアトラクション」といった動画やテクノロジーを活用した体験型コンテンツ、参加者に写真を撮ってもらうことを目的とした「インスタ映えスポット」といった、イマドキ感あふれる回答もあったそうですよ。

「SNSにアップ」派はTwitter、Instagram、LINEに合わせて投稿する

文化祭におけるSNSの利用状況に関しては「文化祭の準備や当日の様子を、SNSに投稿した」と回答したのは、全体の36%という結果になりました。

なお現役JKを6つのクラスタに分類したTT総研の調査(現役JKクラスタ分析)では、Instagramの投稿率がもっとも高かったのは、いわゆるリア充タイプの「仲間ファーストJK」(出現率16.2%)でした。文化祭の様子を投稿しているのも、このクラスタが中心であるとTT総研では推測しています。

JKは校外イベントなら「クリスマス」「バレンタイン」に参加したい

学校行事以外で参加したいイベントについては「クリスマス」と「バレンタイン」が同率で1位(63%)という結果になりました。

いまやバレンタインデーと同規模の市場にまで成長した「ハロウィン」については、JKたちの41%が参加したいと答えたにとどまりました。これは、トータル4位だったそうです。

ハロウィンで具体的にやりたいことは「仮装/コスプレ」が30%、次いで「お菓子を食べる/作る/交換する」が25%でした。TT総研は、JKにとってハロウィンは仮装ありきではなく、その季節ならではのお菓子を友達とシェアして楽しむ、バレンタインデーの”友チョコ“と似たようなイベントになりつつあると分析しています。

なお、こうした校外イベントに参加するとき、その様子をSNSにアップするかを聞いたところ61%が「投稿する」と答えています。文化祭でのSNSへの投稿率が40%程度だったことを考えると、学校行事以外のイベントというのは、そもそもSNSに投稿することがイベント参加の目的になっているのかもしれませんね。

やっぱり根強い「思い出づくり」。イベントはJKの記念行事!

JKたちがイベントに参加するうえで重要なポイントを聞いてみたところ、もっとも多かったのは「友達との思い出になること」(72%)。次いで2位に「SNS/写真映えすること」(48%)、3位は「準備が楽しそうなこと」(35%)となりました。

JKが参加したくなるイベントには「友達と思い出づくりができて」、「ビジュアルにインパクトがあり」、「当日に向けてワクワク感が高まっていく」という3要素が必要なようですね。

TT総研とは…
10代のトレンド情報やインサイト分析を行うマーケティング研究機関。気になるテーマやイベントについての調査、リアルな声を拾い上げるための座談会を定期的に実施。長年女性マーケティングに携わり、インフルエンサーマーケティングやマイクロマーケティングといった次世代型のソリューションを提供するトレンダーズ株式会社が分析レポートを発信している。

-ライフスタイル
-, ,

関連記事

目指せインスタ映え! おしゃれなインテリアに北欧テイストが取り入れられる理由とは?

雑誌やInstagramなどのSNSで、おしゃれな部屋の写真を見たり探したりすることはありませんか。 …

アラサー女子は転職のタイムリミット? 「女の転職@type 転職イベント」に今すぐ参加!

就職してン年が経ち、今の職場が自分にとって、はたして「適所」なのか悩んでいるオトナ女子は多いですよね …

「ハケン占い師アタル」本格的な占いドラマが今夜9時より放送開始。その驚きの広告展開とは?

「ハケン占い師アタル」いよいよ今夜9時からテレビ朝日系列でスタート! テレビ朝日系列で本日、2019 …

オトナ女子の10人に1人は「ふんどし女子」!? いま女性に“ふんどし”が人気な理由とは?

いま、トレンドに敏感なオトナ女子たちは「ふんどし女子」だった……!? おしゃれふんどし専門店シーピー …

大切な人との記念日にはTABLE9TOKYOがおススメ!

ちょっと敷居が高いホテルディナー。 でも、大切なパートナーとの特別な記念日には、ちょっと奮発して感謝 …